バレニクリンが禁煙に有効な理由

バレニクリンとは禁煙の治療薬として開発された飲み薬です。通常はタバコを吸うことで煙に含まれているニコチンが肺の毛細血管を通して血液中に吸収されて行きます。その後は数秒程度で脳に到達するのですがニコチンは脳内のニコチン受容体に結合することで、ドーパミンと呼ばれる快楽を感じる脳内物質を大量に放出するのです。

そしてこの快楽は一度経験をすることで、さらにニコチンを求めるようになり、依存していくといったメカニズムになります。そして喫煙の頻度が多い人ほど、ニコチンが切れることでイライラなどの禁断症状が現れてきます。

このメカニズムに着目して開発されたのがバレニクリンになります。このバレニクリンはニコチン受容体に結合することでニコチンが結合したときの約半分のドーパミンを分泌させます。

この働きによって禁煙効果をもたらすのですが、それだけではなくバレニクリンがニコチン受容体に結合することで、ニコチンがニコチン受容体に結合することを防ぐ働きがあります。

そうなることで喫煙をしても今までのような満足感が得られなくなりますので、タバコに対しての依存度も低くなっていきます。また、このバレニクリンはニコチンガムやニコチンパッチなどとは違いニコチンを補充することなく行える近年治療になります。

その為ニコチンガムやニコチンパッチなどよりも高い効果を得ることができますが、使用するには医師の指導のもとで約12週間の治療期間が必要となります。また2週間ごとに計7回は医師の診察を受けなければなりません。

ニコチンガムやニコチンパッチは不整脈などを持っている方には使用することのできな治療になりますが、このバレニクリンであれば、そのような方でも問題なく使用することができます。

■チャンピックスは通販が安い
病院不要!チャンピックスの販売サイト