バレニクリンの服用で喫煙者が減ると嫌煙者も満足

いま、嫌煙ムードが高まってきています。
健康被害は本人のみならず、副流煙を吸わされる第三者にも及びますので、看過できない事態です。
WHOの報告では、毎年、300万人を超える人類が喫煙が原因と見られる疾病によって命を失っているのです。
嫌煙の動きが活発化してきたのも、当然のことでしょう。
そもそも、タバコは百害あって一利なしです。
タバコの火の消し忘れが原因で大きな火災を引き起こしたり、タバコ顔と呼ばれる、白目部分が黄色くなったり、歯がどす黒くなったりする症状も、喫煙が元なのです。
喫煙者の中にも、強い意志を持って禁煙を志すものの、思い半ばで挫折してしまうケースが実は多いです。
これは、本人の意志の弱さに起因しているのではなく、ニコチン依存症が原因していると見るべきです。
タバコをやめていると、手が震える、イライラ感が抑えがたい、集中力がなくなる、倦怠感に包まれるなどの禁断症状が出てきます。
そんなとき、タバコを一服吸ってしまうと、とてつもなくおいしく感じられるのです。
そして、不快な禁断症状は雲散霧消してします。
まさに、満足感たっぷりの表情の顔になります。
これがあるだけに、タバコをやめることが非常に難しいのです。
昨今では、禁煙治療のための薬が人気を呼んでいます。
バレニクリンは日本では初めての禁煙のための飲み薬です。
バレニクリンは、タバコをやめているときの各種の禁断症状を抑え、同時に、タバコを吸った時のおいしく感じる満足感をも抑制するメカニズムを持っています。
ですから、楽に禁煙が達成できるというので、成功率も非常に高いです。
バレニクリンの服用により、喫煙者の数がゼロに近づくことで、嫌煙者も安堵の顔を見せることできることでしょう。