未成年の薬通販利用とバレニクリンでニコチンを妨げる

バレニクリンは、禁煙治療のために使用されている内服薬です。この薬の面白いところはニコチンの役割を果たすことです。禁煙者がなぜタバコを止められないかというと、それは脳内にあるニコチン受容体と呼ばれるものにニコチンが結合するためです。そのことにより、ドーパミンが大量に放出されます。このドーパミンというのは快楽を感じる物質であり、これを経験することによって依存症になってしまいます。この結合を妨げるのがバレニクリンです。バレニクリンはニコチンの代わりにドーパミンを放出します。放出といってもニコチンと比較するならば、少量のドーパミンになります。これによって禁断症状を抑えることができます。それとともにバレニクリンを使用するなら喫煙しても十分な満足感を得られなくなります。その結果として喫煙への逆戻りを防ぐことができます。バレニクリンは病院で処方してもらうことができますが、薬通販で購入することもできます。もちろん病院で処方されるならば保険が適用されますが、薬通販で購入するならば保険は適用外になり費用が高くなります。この禁煙治療のための薬は、喫煙の習慣に陥っている未成年者にも用いることができます。病院で受診し医師が必要と判断するならバレニクリンが用いられることになります。しかし未成年者にとって薬通販での購入は少しハードルが高いといえます。国はインターネットで未成年者が薬を購入する場合には、氏名や年齢や使用目的などを聞いた上で専門家が販売するようにとなっています。それは乱用を防ぐためです。そのため未成年者が薬通販で医薬品を購入することは難しいのが現実です。喫煙の習慣がある未成年者が喫煙治療のための薬を購入するためには大人に依頼するしか方法はありません。それが無理ならば病院を受診するようにします。