禁煙の辛い症状を緩和するバレニクリン

禁煙をするとタバコにかかる費用を節約でき、さらに健康にも良く他の人に副流煙で迷惑をかけることはありませんしメリットだらけですがいざ禁煙しようと思ってもなかなかできないものです。
それはニコチン依存症が原因になります。
ニコチンはタバコに含まれている要素ですが快感をもたらしてくれるのと同時に禁断症状としてイライラを発症させてしまいます。
ですのでイライラのつらさを解消するためまた吸ってしまい禁煙に失敗してしまうのです。
ただ辛い思いをせず禁煙できる薬、バレニクリンも開発されており2008年からは禁煙外来で処方されるようになりました。
バレニクリンを飲むと少量のドパミンが出るのでニコチンが無くてもイライラが出にくくなります。それと同時に喫煙することにより得られる快感も抑制してくれるため自然と喫煙したくなるのです。
ただ一日で禁煙できるものではないので最低でも12週間は飲まなければいけません。
きっちりと処方された分バレニクリンを飲んでいればリバウンドすることもありませんし一生涯禁煙できます。
辛い思いをする必要はありません。
根性や忍耐で辞める時代ではないのでどんどん薬を使って辛い気持ちから逃れましょう。
またバレニクリンにはメリットがあります。ニコチンパッチなども禁煙グッズとして販売されていますがこれには少量ではあるもののニコチンが含まれています。しかしバレニクリンには全くニコチンが含まれていないので害がないのも魅力です。
過去にニコチンパッチで失敗してしまった方にはいい方法でしょう。
薬を飲むことが体に悪いと思う方も多いかと思いますが、12週間飲めば今後はタバコによる影響を避けられますし逆に健康的になります。