禁煙グッズとニコチンリキッドとバレニクリンの服用

たばこを吸うことでニコチンを摂取することになり、脳内でドーパミンを放出させます。
ドーパミンが放出されると高い満足感が得られますので、禁煙が困難な原因となっています。
たばこは健康被害をもたらすことがわかっていますので、様々な禁煙グッズが登場していて、ニコチンリキッドもその1つで世界では使用されています。
電子たばこはリキッドと呼ばれる液体を気化させることによって、たばこを吸っている感覚を味わうものとなります。
海外では人気の高い禁煙グッズとなっていますが、日本では規制されていることによって、ニコチンリキッドの電子たばこを吸うことはできません。
国内で販売されている電子たばこにはニコチンが含まれておらず、ニコチンリキッドではありませんので、禁煙効果があると考えられています。
しかし、ニコチンを摂取することを止めてしまうと、離脱症状や切望感が現れる危険性があります。
最近ではニコチン中毒を病気と捉えて、医療機関で禁煙治療が受けられるようになっていて、禁煙補助剤であるバレニクリンが用いられています。
バレニクリンには受容体と結合する特徴があるために、たばこを吸わなくてもドーパミンを放出させることができます。
その作用によって、切望感や離脱症状に悩まされることなく、禁煙治療が行えるメリットがあります。
バレニクリンは医療機関で多く使用されている禁煙グッズとなっていて、医師の処方によって購入することができます。
バレニクリンは処方薬ですので、一般の薬局やドラッグストアでは購入することができません。
バレニクリンによる禁煙治療を行うときには、専門的な外来などが用意されている医療機関を受診することになります。
医薬品ということで一定の副作用が起きる可能性もありますので、用法や用量を守って服用するようにしましょう。